英語コーチ 北岡真衣

「英語力」と「さらに伸ばし続ける力」を手に入れよう!

英語文法って必要ですか?? 

クライアントさんからの質問。

英語文法って必要ですか?

「文法が苦手というか、嫌いで、定型文を覚えればいいかと。
赤ちゃんは、文法を知らずに喋れるようになりますよね?」

 

学校の英語教育では、文法は当たり前の様に教えられています。

では、本当に文法は必要でしょうか??

f:id:ymskl1120:20190707093055p:plain



 

 

赤ちゃんと文法

赤ちゃんが、言語を取得する時、確かに文法は教わらないですね。
その代り、四六時中、言語を聞いています。
「言葉のシャワーを浴びる」なんて言いますよね。
そして、習得するまでに時間がかかります。

f:id:ymskl1120:20190707093122j:plain



日本語で良いので考えてみて下さい。

赤ちゃんが、それらしい日本語、コミュニケーションが取れる様になるのは、4~5歳くらいでしょうか。
私の子供たち(小2、年中、2歳)の場合、年中の息子は、喋れるし、コミュニケーションは取れますが、何の話をしているか分からないことが有ります。
小2の長女も、まだまだ発達途中だと感じます。(当たり前ですが・・・)

そうなると、もし文法を勉強せずに、赤ちゃんのように「言葉のシャワー」に頼ると、
喋れるようになるまでに、とてつもなく時間がかかります

年単位どころか、10年単位になりそうですね。

たぶん、私のクライアントさんはそんなに時間をかけて、英語を習得したいと思ってないと思います(苦笑)

 

ブロークンイングリッシュ

f:id:ymskl1120:20190707093139j:plain


海外旅行に行かれたことはありますか?
日本人がよく行く観光地だと、現地の方が片言の日本語で話しかけてくれたりしますよね。(まぁ彼らは、商売の為でしょうが)
その時、彼らの日本語は、もちろん「正しい日本語」じゃないですよね。
挨拶程度であったり、単語だけだったり、または言い方がおかしかったり。。。

 

逆を考えてみましょう。


あなたが海外旅行に行ったとしましょう。
英語で、何かを伝えようとします。
でも、なんて言っていいか分からず・・・
文章ではなく、「単語だけを並べたり、ジェスチャーを多用」します。

それで、多分、何とか通じます。
でも、これって英語が話せるというレベルではないですよね?

もう少し話せるようになった場合でも、
「文法が間違っていたり、発音が間違っていたり」
内容が、本当にきちんと伝わっているでしょうか??
伝わったとしても、「喋れる!」と自信もって言えますか?

 

この、いわゆる、「ブロークンイングリッシュ」、
(発音や文法などを誤っている、間違った英語のこと)

英語が間違っている、だけでなく、コミュニケーションの上でも問題があると、私は考えています。
Oh,No!!

コミュニケーションと文法

f:id:ymskl1120:20190707161429j:plain


英語は、言語です。
なので、コミュニケーションを取ること、これが目的になります。

そういう意味では、コミュニケーションが取れれば、ブロークンイングリッシュ(文法や発音が間違った英語)でもいいかもしれません。

 

しかし!

 

こんなことが起きるかもしれません。

  • 外国の友達が出来たけど、「深い話」が出来ない
  • 外国の友達との会話が長く続かない
  • 外国の友達が、何を言っているのか分からない
  • 仕事で英語を使うが、良く理解出来てなく、ミスをしてしまった
  • 会議で、発言をしたが、意図したことが伝わっていない
  • 会議で、議論が出来ない

などなど。

 

これを考えると、「伝えたいこと」「受け取りたいこと」をきちんと理解したいですよね。

逆に、相手の立場になってみましょう。

例えば、日本語を母国語としない外国の方が、片言の日本語がしか話せないとします。

あなたは、初対面、面識があるどちらでもいいですが、どれくらい会話をつづけられますか?

5分?
15分?
30分?
1時間?
もっと!?

オンライン英会話は、多くの会社が1レッスン25分です。
それでも英語初心者には(もしかしたら中級者でさえも)、25分がとてつもなく長く感じるそうです。

「間が怖い」という感想をよく聞きします。

それもあって、私はオンラインでは、テキストがあったりフリートークでもテーマがあるのを選ぶのをおススメしています。

アメリカ留学時代の話

f:id:ymskl1120:20190707161553j:plain

ちょっと私の体験談になるのですが、留学時代(アメリカの大学)、アメリカ人の対応の違いに気づいたことが有りました。

 

どういうことかというと・・・

アメリカは移民の国で、英語を話せない人はいっぱいいます。
なので、アメリカ人(Native)にとって、私はその一人で、珍しいことじゃないんです。(日本では、日本語が話せない外国の方は少数ですよね?)


なので、

「この人英語が話せないから、何を言いたいかを汲んであげよう!」っていう親切な人と、

「はぁ?」と、「ちゃんと英語しゃべって!何言っているの?」って明らかに怪訝な顔しながら聞き返す人

がいました。

聞き返す方が悪いとは言っていません。
いいのです。こちらが英語話せてないので、しょうがないのです。

ここで、ブロークンイングリッシュの話に戻すと、
文法や発音が間違った英語は、親切な人だったら、一生懸命聞いてくれるのですが、そうではない人だと、全然聞いてくれず、コミュニケーションが取れません。

ブロークンイングリッシュは、程度は違えど、相手に負荷をかけることになるのです。

ここまでくるとどうですか?

文法って大切だと思いませんか^^?

ブロークンイングリッシュじゃなく、きちんと伝わる&受け取れる英語を話せるようになりたいと思いませんか^^?

文法を学習!

f:id:ymskl1120:20190707161342j:plain

じゃあ、文法は大切なのは分かったから、学習を早速始めよう!と思われた方、素晴らしいです!

でも、始める前に少しだけ、ポイントをお伝えしますね。

  • 文法用語は、無理して覚えなくていい
  • 暗記じゃなく、ルールを知る

どういうことか、詳しく説明しますね!

文法用語

文法を学習すると聞くと、「主語」だ、「述語」だ、「形容詞」だ、「仮定法」だ、なんて色々、「文法用語」が出てきますよね?

これらは、絶対に覚える必要はありません

文法用語は、文法を説明する時には、とても便利です。
例えば、
「この文は、動詞が無いから、間違っているよね?」
「be動詞と一般動詞は、一緒には使えません!」
「仮定法は、過去じゃないけど過去形にしましょ」

など。

 

または、自分の頭の中を整理するのに、文法用語は、役立つかもしれません。

文法用語を覚えるのが苦じゃない方、又は、理解をするのに役立つと思われる方は、文法用語を覚えるのは、良いことだと思います!

逆に、文法用語を覚えることに抵抗がある方、または用語を覚えるのが目的になってしまう方は、覚える必要はありません!

暗記じゃなく、ルールを知る!

文法を学習する、というと、単語と同じように、暗記だ!って思われる方がいらっしゃるんですね。

そうじゃなく、文法を学習する時は、「文法のルールを知る」と思って下さい。

例をあげますね。


「私は犬が好きです」

現在の話をしているので、現在形を使います。
英語は、必ず主語が必要なので、主語Iを使います。

I like dogs.

そして、これを疑問文にします。
その場合は、Doを使って、主語はyou、文の並びは、

Do you like dogs?

さらに、否定文にします。
その場合は、don'tを使います。文の並びは、

I don't like dogs.

また、主語が私やあなたではなく、彼女だった場合。
動詞にSを付けることになります。

She likes dogs.

これを疑問文にする時は、doではなくdoesになり、動詞のsが取れます。

Does she like dogs?

否定文ではdoesn'tを使い、この場合も動詞のsを取ります。

She doesn't like dogs.

 

どうですか?

文法を暗記する、というより、ルールを知るというのはこういうことです。

この文法のルールを知る、理解する事で、いざ自分が話す時に、話したい内容が正しい文法で口から出てくることになります。

つまり、応用力が付くということです。

定型文を覚えているだけだと、応用力は尽きません。
言い換えればいいんだよ!と言われる方もいるかもしれませんが、もし文法のルールが理解できていなかったら、言い換えた時に間違える可能性が高いです。

先ほどの例だと、I like dogsを覚えていて、「彼女は犬が好きです」に変えようとしたら、もしかしたら

She like dogs 

となり、like⇒likesに変えることができないかもしれません。

コミュニケーションでは常に、「新しい場面」で、「言いたいことや受け取りたいこと」が変化します。

そこでは、いやおうなく、応用力が必要になります。

ブロークンイングリッシュより、「応用力」のある英語を話せるようになりたいですよね^^?

まとめ

いかがでしょうか?

文法を学習するということは、

「文法のルールを知ること」になり、

それで「応用力」が付き、

「ブロークンイングリッシュから抜け出し」

「コミュニケーションが取れる英語」を話せるようになるのです!


他の記事でも書きましたが、英語を話せるようになるために、
「特別な能力」は必要ありません!

なので、あなたも英語が話せる様になりますよ!

三日坊主で学習が続かない、
やる気が途中でなくなる、
何をしていいのか分からない

などのお悩みがありましたら、英語コーチはお力になれると思うので、
是非ご相談下さい!

 

Thank you for reading!

Have a lovely day!

英語コーチ
北岡真衣